アーカイブ

events

本年、2007年は、「OSSとイノベーション」というタイトルで、壇上に上がらせていただく機会が2回あった。いや、むしろ、オープンソースソフトウェアとイノベーションの関係をはっきり語るよう、あえて自分にその命題を課したと言っていい。おかげでいろんな勉強ができた。そして最後となる1回は今週金曜日、秋田県秋田市で登壇することになっている。

最初のものは、4月に大井町で開催された、日本技術士会の有志で開催されているIT21の会。ここには、レガシーな技術を大切にしてきた大勢のベテランと、今後のITの変革をどう捉えるかに関心の高い若い人がおられた。大勢の受講者から、目からうろこが落ちたとの感想をメールでいただいた。驚くほど高年齢の方々が多い会の中で、メールをくださった方々は、おしなべて若手で、アグレッシブでハングリーだった。もっと別の世界に目を向け、そこに自分の身を投じるべきだ、とのメッセージを述べた。それだけでそこに行って良かったと思った。

次は、6月に開催された、UNISYS BITS2007でのパネルディスカッション。筋書きとしては4月のものを踏襲し、さらにパネラーの猛者ぶりを発揮していただくシナリオで進めた。レポートも掲載されている。あえて説明すると、これは例年開催されてきた、オープンソース/Linux関連のパネルディスカッションの延長に位置づけられるもので、UNIADEX社の皆様にはおなじみのもの(ネタ?)としてご愛顧いただいている。

UNIADEX松隈さんとはかれこれ7年はこのライブをやってきた。人が変わり、会社が変わり、ビジネスモデルが変わり、市場規模も変わった。そのひとこまひとこまを毎年キャッチアップしてきたこのライブが、UNISYS BITSの大舞台のトリで開催されたのは大変意義深いことだ。高くかってくださった皆様に感謝申し上げたい。

もちろん、技術革新はかっこいいことばかりじゃない。高給が降って沸くものでもない。むしろ普通に痛みが伴う折衝の連続であり、デスバレイ(death valley)もある。それがわかっていてもそこにチャレンジを傾ける猛者がそこにいたわけで、ゲストとして生の声を発してくれた。こういう姿を見ることで、技術屋やってて良かったと思うものだね。

さて、最後に、今週、秋田県に出かけることになっている。秋田県は、私にとっては、これまで接点があった県ではない。とても寒いところだろう。しかも調べるに県の経済情勢は良いほうとは言えない。10年連続で自殺率1位。比内鶏関連での問題もあったが、おりしも2007年を表す漢字は「偽」に決まったそうだ・・・。子供たちが殺された事件の裁判もあったことが今日報道されていた。もちろん、経済指標関連の統計資料を見ても、他県に比べてITが活発とは言えない。正直、関西人泣かせの話題ばかりだ。

しかし、しかしだ。そこで、なんとかがんばってイノベーションを起こそうとしている人たちがいることは確かなのだと思う。あきた企業活性化センターは大勢の起業家を育成しようとがんばっているし、秋田市のチャレンジオフィスあきたのこのページにも、地場産業としっかり組んでがんばろうという強い息吹を感じる。NPO法人あきたITこまちは、現場で働く多くの女性たちに驚くほど的確な情報提供を行なっている。当日も来てくださるそうだ。本年度、秋田県はOSS実証実験に参加し、県の情報システムにOSS運用基盤を採用することによって、ベンダーニュートラルな管理基盤を据えようとがんばっている。

マイクロソフトはベンチャー育成プログラムに秋田を含めている。えらいな。脱帽だ。いずれにしても、難しい状況で奮闘しておられる方々に、私はなんと言えば良いのだろう?私と秋田県の皆さんとの明確な違い、それは、おそらく、視点だ。ここからはこんなものが見えます、という視点を紹介できればと思う。そして、私が学ぶつもりで多くの質問を投げかけてみたいと思う。

変化しようと思う人が変わるチャンスを得られ、それゆえに集団が変化するチャンスを得られ、そして文化が醸成されていく。ソフトウェア技術を身につけながら組織の枠組みを越えたコラボレーション文化を理解するためには、OSSはもってこいだ。仕事を取ってくる人間は、情報の伝達とコラボレーション(Web2.0、UGC)をキーワードに情報と技術の新しい流れに注目させて取ってくればいい。資金的脆弱性でさえ、イノベーションのトリガーになることは珍しいことではない。また、OSSを使う仕事でない人でさえ、コラボレーションを軸としたそのコンセプトから得られるものがある。

雪国でアツくがんばっている人に会いに行ける、師走の金曜日を楽しみにしている。

あきた企業活性化センター
OSS活用促進セミナー「進化するOSSのもたらす影響」

広告

まー、急な展開でしたね。

9月24日にtwitterで「サミットやりたい」と言い出し、コミュ含め、いろんな人が急激に巻き込まれてくださった「群衆の叡智サミット2007」、無事に終わりました。

早速ITProで報道してくださっています。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071102/286251/

来場者、パネラーの皆さん、セッションの内容や、そこから得た気づきみたいなものがあれば、そういうフィードバックはぜひみなさまの日記やブログでお気づかないなく忌憚のないやつをどうぞ。一つ一つが個の知恵による判断であり、その全体を俯瞰すると、それは見る人にとって相対的な価値のある集合知ですから。

すでに書いてくださっているみなさまありがとうございます。

過去30日間に書かれた、群衆の叡智サミットを含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「群衆の叡智サミット」に関するグラフ

私も、新しい気づき、新しい意見がたくさん生まれましたのでそれは追って書きます。

当日、セッションの満足度アンケートはとりませんでした。聴衆が全体としてどう感じたかはライブなんですからステージ上にいたらわかります。公開討論会という枠組みは、魂のある主体が良いスタイルという枠組みをつくり、そこで個性の、意見の、感情の衝突が何かを起こし独特のfeelが醸成される。それをfeelして共鳴する。ほら、feedbackってギターの共鳴の話でしょ?(w

そう、たとえば、あれは壮大な(?)パネラーの「放牧」。羊が、牛がかわいかったかどうかアンケートをとる動物園はないでしょう。あの羊はおとなしかった、とか、暴走してて怖かった、とかそういうことは個人個人が思うことであって、それは自由です。

あるいは、たとえば、ソリストばっかり集めたライブジャムセッションだって話。ソリスト同士だからうまくいかないか?いやいや、外部性が高いですから。おとなしいソリストもいれば、ロングソロを決めるソリストもいる。1曲90分が短く感じられるのはそれだけバリエーションが豊富だということでしょう。

よーするに、評価はどうやったってオープンになる。もう、群衆の叡智サミットがどうだったか、なんてことは、いろんなブログにたくさん書いてある。全体的に長文なのは、あーもう!ってフラストレーションが長文を生んだのかもしれない。すでに、ものづくりをはじめちゃった人を何人も聞いています。


とすると、来場者まで巻き込んで壮大な放牧作業をライブでやっちゃったことになります。バランス、シナリオ、妥当性、その手のものは期待や問題意識との相対価値ですよね。放牧のための広めの柵はあっても、その中の芝生の位置やポジションなど「こうあるべき論」で構成されていては負けです。

だから、うまい・へたなんて評価は私にはナンセンスなんですが、プラスを目指すためのご意見は共鳴としてプラスに使いますのでありがたく頂戴します。だってもっと面白くしたいからね;-p

ともあれ、パネラーも聴衆も、個々の外部性と問題意識の高さ、利害関係の低さ、そして発言の自由さというパラメータのどれもがとてもいい感じだった。そうそう、珠玉のパネラーは私が呼んだというより、集まったんです。しかも手弁当。各々、とってもコストがかかっているはずです。プライスレスな価値だと思います。


リアルな公開討論会の価値の源泉というものがあるとすれば、それは、意外性であり、共鳴であり、ときに共感であり、熱さが直に感じられることでしょうね。脱線、暴走、拡散、そしてどこかでコンセンサスというブレークスルーポイントが決まる。こういうライブ感にあるんじゃないでしょうか。これだからやめられない。

閑話休題。やっと本題です。

あえて「放牧」でも「ジャムセッション」でもない部分があるとすると、それはバックエンドの運営です。

運営のほうはめちゃくちゃ仕込んでくれました。弊社の天才CFOの吉田のおかげ、もともとこういうことは慣れていない総務部門のおかげ、そしてデザイナーからプログラマーまで全員総出でやりました。「codeなにがし」のトッププログラマは、当日はコーヒー担当。まさに「coffee server」で、「okdtさん、クライアントアクセス数にはまだ余裕があります」なんて感じでしたね(笑 

Linuxコミュニティで古い付き合いのまちのさんも、あかねさんも手伝ってくれた。司会の船橋さんも、集計システムの岡元さんもサイコウの演出でした。みんなそれぞれプロなのに、つい「面白そう」って言っちゃったばかりに手伝わされて。

数々の人が母体企業を動かしてたくさん好意的な協力をしてくださった。いや、一緒にいいものにしよう!という気合でコミットしてくださった。バジェット面でも、運営の下支えという面でも、今後の展開を考えても、テックスタイルだけでやっちゃいけないイベントでした。気持ちよく協賛・後援に乗ってくださった企業・団体、メディアには特に感謝を申し上げたい。

あの「場」を支えるメンバーは大変だったと聞いています。もともと私は舞台裏仕事の経験は少なくないので、リアルにわかります。でも、そこでなんとかできるには、そうする価値があったと思えたから最後まで笑顔でがんばってくれたんだと思うんです。ライブ会場から漏れ聞こえるアツイ「音」に動かされて、不都合な状況の変化への対応を笑顔で走り回ってやってくれた。

次はもっと違うことをやることになりそうだけど、来春にはまたやろうって言ったとき、うれしそうな顔をしてくれたスタッフに、開催のための告知から後片付けまで骨折ってくださった協賛・後援の裏にいらっしゃる皆様に心から感謝申し上げたい。

ほんとうに、ありがとうございました。

9月10日、UNIADEXのサイトNexTalkにて、Feature Story:U&U BITS 2007 パネルディスカッション – オープンソースによるビジネスイノベーション インパクトのある打ち手を探るが公開されました。

この記事は、本年6月7日に開催されたイベントの要旨の紹介記事です。

吉岡弘隆さん、宇佐美茂男さん、中尾貴光さん、松隈基至さん(あえて実名列挙)なんてアツイ皆さんとのしゃべり倒しのプログラムが90分。事例の話もわんさとあったんですけどね、ざっと、まとめ記事になるとロジック以外はそぎ落とされちゃうのは仕方ないかな・・・。

こういうライブは本番でサプライズが多いです。是非ご来場ください。

松隈さんはじめ、UNIADEXの皆さま、毎度毎度、勇気ある機会の提供、ありがとうございます。m(_ _)m

– o – o – o – o – o – o – o –

蛇足編:

しかし・・・

でも、写真が・・・
スマートじゃない・・・(当社比) (T T)

レコーディングダイエットの名著「いつまでもデブと思うなよ」の著者、岡田斗司夫さんのブログに掲載されたやせる前画像に激似かも?

okdt版スタート地点の記録を突きつけられたような感じになっちゃってるじゃないかorz

するとmixiで、おごちゃん曰く:
「写真ってのは、『真実を写す』って書くんだよ。」

ぐ・・・。
「ディスってんじゃねーよメーン。(- -;)」

弱い・・・。

# でも、ここで「そんなの関係ねぇ」ではダメよねw

そういえば食欲の秋だメーン。

本年も夏の風物詩、若者をセキュリティを題材にトレーニングする「セキュリティキャンプ2007」の開催が発表されました。カリキュラムの検討会では講師陣が口々に「それ、おれが聞きたいよ」という声が頻発するイキオイの、魅力的な内容となりつつあります。

ネットワーク、運用、WEBアプリケーション、その他さまざまな観点のセキュリティを他流試合で学べるのはとっても楽しいですよ。技術的にすでにスキルが高いことよりも大切なことは、取り組む意欲だと思います。セキュリティキャンプは環境としてのセキュリティの重要性を、いろんな観点で学ぶところだからです。

なぜ、セキュリティを学びたいか。 これです。

ケーススタディ、ハンズオン、ワークショップなど学び方も盛りだくさん。何かを一緒に経験したいという方なら、とても盛り上がります。修了後の人的ネットワークも貴重なプレゼントです。

なんと、修了生の一人、迎くんは今弊社でがんばってくれています。彼は、各社ケイタイの互換性に関するスペシャリストです。(DODAのサイトに登場しています)

応募資格は22歳以下のITに関心の高い皆さん。ぜひチャレンジしてみてください。もしかすると、このブログは親御さんや先生たちが見られることのほうが多いかな?だとすればご子息の参加を促してみてください。

応募締め切りは7月2日となっています。

開催日時:平成19年8月13日(月)から8月17日(金)
場所:幕張/海外職業訓練協会(OVTA)

詳しくはJIPDECの「セキュリティキャンプ2007」サイトへ。

どんな皆さんにお目にかかれるのか、今からとっても楽しみにしています。

cf. 6/1 経済産業省発表 「セキュリティキャンプ2007」の開催について

6月7日、8日にたまたま連続して別々のイベントをやりますので告知します。OSS、Web2.0とつながりますが、こじつけると両者とも「群衆の叡智(Wisdom of Crowds)」つながりではあります。

■ 6月7日:UNISYS BITS2007トリ「OSSによるイノベーション」
http://bits.unisys.co.jp/2007/information.html#03

ミラクル吉岡さん
HP宇佐美さん
Turbo中尾さん
UNIADEX松隈さん

& わたし。

恒例ですね。もう4回目。笑顔で語る吉岡さんはここだけ。UNIADEX、UNISYS含め多くの会社に直球でメッセージを投げてきました。リピーターも多数おられるようです。

エンタープライズ(企業)、パブリックセクター(公共)の大きな流れがつかめます。

■ 6月8日 NEC eTrend2007 「Web2.0とエンタープライズ」
https://www.nec-conference.com/form/?module=conference
NEC 福岡さん
NHK 尾澤さん

&わたし。

仕込み段階ですが、今までにないメッセージを受けられるメンバーです。

NECほど大きな会社が社内SNSとなるともうひとつの小宇宙ですね。「群衆」の動きには何かのメッセージがある。日本人にとっての「群衆」は実はそれほど大勢ではない。

NHKさんがいるというのはまじでやばいです。私が特に気に入っているコンセプトは「ゼロ秒」。もう、あちこちでゼロ秒ゼロ秒言いまくっています。そのわけは・・・?どこまでそのすごさを伝えられるか心配ですが、乞うご期待。

企業のアイデアとして応用できるコンセプトがたくさんあります。

そこで、

レベル1.とりあえず(両方に)登録(無料)
レベル2.(来れるほうに)来場
レベル3.会場前列にて爆笑 (桜でいいんですってば!)
レベル4.質問コーナーで挙手(滅多に指しませんから遠慮なく!)

どのレベルまででも、ご関心に応じてぜひ。