アーカイブ

未分類

okdtとかいつものgmailアドレスとかでreset passwordしまくっていたのだけど、なかなかメールが来なかった。やっと来たメールは実際の到着まで7,8時間はかかってるね。mailq が溜まっていたのかもしれない。

ともかく、okdt.wordpress.com としてこのブログを書いてる。そのうち変えるかもしれないけど、ともかくここまで来られて良かった。

リサーチャー諸君。

Fun to research.

国立天文台天文情報センター暦計算室によると、2010年の元旦は満月。
http://www.nao.ac.jp/koyomi/

元日と満月の組み合わせは30年に一度だそうです(裏はとれず)。

追記:しかも!2010年元日の早朝に、部分月食が起こるそうです。

2010年最初の月食は部分月食で、元日の早朝に起こります。食が始まるのは午前3時52分頃、終わるのは午前4時54分頃で、食の最大は午前4時23分頃となります。

なにはともあれ、さまざまな景気循環説は数十年単位ですよね。

1980年代。オープン・イノベーションの担い手が大手企業のR&Dからベンチャーに移ったドラスティックな時代。音楽的には80’sは時代を超えてひとつの伝説化しています。フュージョンブームでもありましたね、コピーバンドの多さが支えました。

当時わたしはティーンエイジャーで、高専で、勉強も、バイトも、バンドも、好きにいろんなチャレンジをした時代でした。そう、もっと好きにやってもよかった。今?再びやってるんだなあ、そういうこと。

1990年代。生産重視系、焼き畑農業的ビジネスのバブルははじけるわけですが、技術革新のシードが大きく発展した時代。

わたしはOAの会社を経て、早くにUNIX系エンジニアに。とても早くにインターネットに接することができたためにLinuxとともに成長し、それをきっかけにさまざまな人の出会いやプロフェッショナルビジネスに恵まれました。

2000年代。IT・ネットバブルが一旦はじけ、競争力の源泉がめまぐるしく変化する時代。この10年をぜえぜえいいながら走ってきたわけですが、この時代にいろんな「起業」を体験し、そして末吉さんとか高須賀さんとか大前さんとか他にも大勢の「匠」、あとは不断の仲間を得、それぞれから常に学ぶ機会をいただいている。これはとても大きいと思います。

2009年、大勢の方々に力を得て今日までめちゃめちゃスリリングに過ごしました。公私ともに、いろんなバッターボックスに立たせていただけた。とてもとても感謝しております。

つらいことも、楽しかったことも、必ずいいことにつながります。逃げと失敗は本質的に違う。失敗に折れないことも、成功に甘んじないことも成長につながります。

2010年を迎える今、景気循環が何年単位でもいいんですけど、とにかくマクロ的弁証法的にも、ミクロ的体感的にも、原点回帰とステップアップの両方がどくっどくっと躍動が来てる感覚があります。そして、エンジニアリングふたたび。Emacs率急上昇中です。社会心理学の実装に没頭することにも決めました。

さあ、元日、「大きなツキ」を見よう。

「スキムミルク」。どうも森永製のものが主に流通しているようだ。

3月17日放送にて最終回を迎えたTBS番組「スパスパ人間学」で、<より効果を期待する方に「乳脂肪を最小限に抑えたスーパーやせるヨーグルト」の作り方>が紹介されたためと思われる。

http://www.tbs.co.jp/spaspa/2005/03/0317/0317.html

街中からスキムミルクが消えた!?ヨーグルトはともかく、材料にとりあげられているスキムミルク。最近では、栄養補給に少々、あとはパンを作る人がちょっと使う程度の需要。当然ながらそれにあわせた供給だ。放送当日の夜あたりから品切れが出始め、翌日には陳列棚から一通り消え、やがてスーパー、コンビニ、量販店、いずれも、奥から出してきた在庫でさえ、この連休中にすっかりなくなった模様。 尋ねるも、「次回の入荷は未定」という状態。

もともとそのような細い需要のものを、毎日大量に、2週間にわたって消費するアイデアだよ。それをインパクトたっぷりで情報提供すると、いろんなところが火の車だ。 需要の細い商品に人々が殺到してこういう状態になると、その情報で助かる人は少なくなる。連休中はもろもろ止まるのは必定としよう。しかし、連休明けはどうだろう。「街中から消えた」まんまだと、なんら売上がるどころか、クレームの嵐。(他の乳業系が補完できるのならそれはそれで良いのだろうね)

あわてて起こした増産ラインで需要をまかなえると思った頃にはもしかすると忘れられている。フォローできるはずの番組は最終回で終了しているし!おそろしや、需給悪化懸念は両刃の剣だね。吉と出るか凶と出るか。

スパスパも最終回にかこつけて、キラーネタに需給悪化起こしそうな商品の火種を撒き散らして終わりか?それはちょっといただけないよ。いや、もしや、こういう番組って、生産系との同意はとってあったりするのかな。 どうも健康系のノウハウを提供するテレビ番組って、生臭い。「煽り」だよね、「啓蒙」というよりは。観る側がわかってればいいんだが・・・。終わって正解ってことかな。

(連休明けの乳業系の株価でも眺めるかな。)

年末に近づくとところどころにアップされる「総括」は読んでいて楽しいですね。私も、いいのが書けるといいんですが、ちょっと書くスイッチが入らないです。 blogで随時時系列の記録を残しているからかな。何か残せたか、何をやりかけか、などを考えたりはしますけど、ここでまとめる気がしない。なぜかしら。

今、なにげなく年末に感じることは、年の区切りがあまり大きな変化に思えなくなってきていることですかね。年賀状は書かないし、帰省もしないのでその分のタスクもありません。

年末だろうが平生だろうが時間軸はシームレスなものですから、それをこつこつ過ごすのが気持ちよく感じてきたんだと思います。てことで、私は年末年始とくにいつもと変わりなく、ちょっと長めの連休、くらいのノリです。 それくらいが心地良いんです。

1985年くらいからの、なにがしかの成果物が世に残っていますが、振り返れば5年ごとに大きく流れに変化があります。 2000年代前半5年は、そこそこスリリングで楽しかったですよ。成行に任せるのは好きではないほうなので、後半の5年もまた、振り返れば大きな変化を感じられればいいなと思います。

2005年以降も、いろいろ一緒にやっていきましょう。よろしくお願いします。

3月にプレスリリースしたとおり、WEB Application Security Forumというフォーラムを立ち上げました。発起人としての意図や意向については、おおよそプレカンファレンスの報道のとおりです。「情報を安全に扱う」ということがビジネスの発展に直接関係することを認識してくれた企業がたくさんスポンサーになってくださっています。WEBセキュリティに関する情報は、非常に独占しにくい種類のものですから、支援の気概は敬意に値します。

さて、日経BPイベントのサイトでも大々的に告知しているとおり、第一回のカンファレンスを5月25日火曜に開催します。ビジネスストラテジの観点、設計思想の観点、技術実装の観点、はたまたセキュリティを踏まえた契約や価格交渉の観点まで扱われるのは他に例を見ないのではないかと思います。1日でできることには限界がありますが、ここまで突っ込めると参画しがいがあるというものです。

わたしの枠は、「LAMP環境で構築するセキュアWebアプリケーション概論」となっています。サブタイトルがカットされてしまっているので内容が見えにくいと思いますが、オープンソース関連であること、構築技術の話であること、連続モノであることが連想してもらえれば幸いです。今回は第一回として「ユーザIDによるログイン」をセキュリティ的にブラッシュアップする話の予定です。60分なので、いつものマクラはほどほどに、いきなり本題に入ります(w

資料収集などを行なっていて気がついたことは、情報が散乱だけでなく、非常に概念的な話でブレイクダウンしにくいもの、その逆でスクリプトまで書いているのに実に不十分かついいかげんなものなどが見受けられるということです。たとえば、OWASPが最近公開したペネトレーションテストチェックリストは興味深いんですが、実装までブレイクダウンするには遠すぎます。またDevShedCreating a Secure PHP Login Script という記事は、突っ込みが浅すぎてSecureではありません。日本語で提供されている、わかりやすい資料は存在していないようにさえ見えます。

セキュリティに関しては、どこまでやれば十分なのかというハナシがついてまわりますが、いずれにしてもセキュリティを強化するにしても緩和するにしても、知ってて行なうのとそうでないのとでは全くリスクテイクのアプローチが異なります。いずれ、WEBセキュリティに関する情報を統合したサイトを作りたいと思っていますので、協力してくださる方(個人、スポンサー)はぜひ一報ください。

これまでは、とかく「岡田氏(okdt)の話はあちこちで聞けるからいいや」といわれがちだったのですが、浅く広くならともかく、深く掘り下げるとなるとそうはいかない。そこにきて、連続して情報発信を行なっていける本フォーラムでは、深めの内容で体系的にやっていこうと思っています。そう、体系だった連続モノは(コンサルティング業は別にして)このような連続でのスピーチが可能なところでしかできません。そういう観点では、ロングスパンでは、Internet Weekも今後その色をもっと強めたいと思っています。

p.s.

招待券をゲットしたので、OSBR会員、TechStyle Newsletter購読者に、各々提供したいと思います。この機会にご登録をどうぞ。

また、「行くからokdtの招待ということで割り引いて/宣伝するから招待して!」という方がおられれば、ご一報くだされ。

p.s.2

情報セキュリティEXPO(2004/7)でも新ネタ披露です。やっぱWASは専用サイトつくんなきゃダメだな。

本業以外のコラムを書く手段としてblogを使ってきて、書くに書けないことが続くことがこうもつらいものかと感じる今日この頃でしたが、ようやく春の予感を風が運んできてくれているようです。とはいえ、このサイトは不思議と着々とアクセスを伸ばしており、何も更新しない月にアクセスが落ちない怪現象にやや複雑な気分を感じています。

ちょっとアクセスを調べてみると、googlebotがものすごい勢いで飛来してきています。春の予感で飛来するものといえば「花粉」ですが、まあそれに近いものがありますね。サイトは、いろいろなキーワード検索で続々とアクセスされている模様なので、キーワードに見合う内容を書いていかねばと。そういえば、ここ数日の仕事で使っているAd words(検索結果に対する広告)のアクセスも突発的に急増しており、もしかしてgooglebotのマッチポンプではないかと疑っているんですが、皆さんのところではどうですか?

とまあこのようにGoogleに振り回されているところ、Wiredの記事で面白い特集を見つけました。The Complete Guide to Googlemania!と題されており、GoogleにまつわるR&Dビジネス、期待、競合などについて結構なボリュームを割いて扱われており、読み応えがありました。なかでも、12ページの記事、“How Would You Redo the Google Interface?”に注目。ここでは、4人のデザイナがGoogleのRedo案を挙げています。

特に、最後の案は最高。WWWの世界からとびでて、あちこちにGoogleボタンがあればいいのに!というアイデアです。バーカウンターで語らう男女の横に “I Feel Lucky” なんて、結構おもしろいかも。ポイントは、正解を出してくれそうなボタンではないところです。ご存知のとおり、GoogleのFEEL LUCKYはだいたいあたっていることは期待できますが、時に大変なサプライズがあります。現に、このサイトは奇妙なキーワードで検索結果のトップですから。

適度にはずさず、それでいてサプライズもある。くつろぐときには特に必要かもです。そういうintelligence & companionのあるトピックサプライヤーになりたいものだなー、なんて。

11月22日、「いい夫婦の日」。晴れ。ボジョレーヌーボー解禁のこのシーズン、わたしには何が例年と比して特別なのかはわからないが、確かに飲みやすいように思った。

昨年の同日は金曜日で、関西からフィアンセを連れて羽田に、そして中央区役所に行った。保証人などのサインをいただいた大切な紙を戸籍係に提出した日だ。昨年同日のblogを見ると、面白い。

昨年もIW事務局にすみませんって書いてるが、今年もです、すみません。セキュリティニュース的にはsambaに穴、かぁ。今年はdebianクラックで大賑わいだ。社会的には、依然、北朝鮮問題も継続している。亡命したらしい日本人女性の安否がそろそろ不明になってきている模様。

ついでに書くと、2003年の今日時点の日経平均については、上がり調子の行き過ぎ間からの下落に東京にテロの危険などが嫌気されて再度どかっと1万円割れした状況から、いくらかのリバウンドと、NY株に振り回されつつの様子見からちょっともみあった数日を終えた金曜日の日経平均終値が9,852円。これは来年のための備忘録としよう。

昨年のblogの記事の最後には「続き」でslashdotにリンクしていて、そこにわんさと皆さんのコメントをつけていただいている。これまで、何人かの婚姻届を見ているし、わたしが保証人になったペアもある。自分が保証人欄に記載するのはおごそかな気持ちになったものだ。しかし、婚姻届の保証人というのは、届けそのものの信憑性を保証するものであり、その後の二人のなにがしを保証できるものではない。エンドース – 裏書き – のようなものだ。そういう意味では、コメントくださった皆さまは、いわばこの届け出のエンドースをいただいたように感じている。ありがとう。

一年、本当に早いものだ。実感としては、「いい夫婦」にしていくためにはどうしていこうかなんて考える暇もなく、あっという間に過ぎ去ったという感じ。これからだろうね、しっかりやっていくのは。一年目なんて地に足をつける暇もなかったよ。

2クール目もよろしく、愛妻yk。

(add your comments!!)