「空気」のパワー

「確かにおっしゃるとおりなんですが、その会議ではそれを指摘できるような空気ではありませんで・・・」

「空気」はエライ。”KY”なんて甘いもんじゃない。人の倫理観よりもリクツよりも正論よりもはるかにエライ。これが集団の中で流れてる時は、まさに絶対服従の力がある。

特に日本では、この「空気」に抗うと、いわば「抗空気罪」にてその社会から完全に排除され、鼻つまみ者とされる。市中引き回しの上打ち首獄門に近い目にあう。なんてことを、1970年代にばしっと論じた、山本七平著「空気の研究」という本を読んだ。彼はユダヤ人と日本人の違いだとかいう国民性分析に強い印象のある人だ。

Amazon: 「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

折しも、先日、何年ぶりかにお伺いしたフライシュマンヒラード社の田中慎一さんと2時間くらいディスカッションをした。その中で、さんざん感覚的なエリアの可視化の話で盛り上がった際、彼が「空気って間接話法的なんですよ。そこでメッセージのレバレッジが起きてしまう。」という言葉を発した。

「ああ」と納得したよ。空気ってそういうものなんだよな。

じゃあその空気とは、どうやってできるものなのか。そう、それは、誰かが意図的に、ある「空気」が作られた例を分析すれば、それがどのような要素によって成り立っているかわかるはずだと同著は述べる。そう、「空気」を変えるとか、作れる人間はものすごい強い力を持っていることになる。これはとてつもなく利用価値があるし、かたや、大きな脅威ともなりうる。

これはマーケティングの世界でも十分に面白い。ニーズを空気として読む。風向き、なんてこの文脈では極めてうまい表現だ。ここで、インフルエンサーマーケティングなんてのは、まだどっぷりプロモーションの領域にあるように思う。実際には、どういうメッセージを出すかについての「土俵」の構築に使うべきで、これこそがまさに「空気」の構築の世界に近いのだ。

集合知とか、集団IQだとか、衆愚とか、「企業知」とか、いずれにしてもこの「空気」の支配力、影響力という観点で考えると、Wisdom of Crowdこと群衆の叡智の発生要件の中での「独立性」「拡散性」というものの位置づけを理解できる気がした。

それにしても、この「空気」に絶対的な権力を持たせておくと、個人はリスクをとらなくていいから、なにかと都合がいい。不満分子がいても、集団は大きく逸脱しないよう抑制される。嫌われそうなことは言わなくていいし、それで集団が自滅しても自分のせいではない。

農耕民族的思考では、集団でさえうまくいく。集団の「雰囲気」が習慣を強制し、農作業に人を赴かせる。そのような背景から産まれたであろう、すべてにおいて正解習得主義の日本的教育システムが、この「空気」の権力を強めていると考えられる。

しかし、残念なことに、みんながこつこつ生きてるだけで将来が保証されるという時代ではなくなってくると、実際にみんなが従ってて安心な方向性を示す「空気」があてにならなくなる。この空気が、日本の人口をアジアで唯一激減に向かわせ、消費を押し下げ、労働を辛くし、企業の成長努力を否定している。みなさん、そうしてらっしゃいます、と。

そこをばさっとかっさらっていく、「空気」を読まずにぐんぐんいく連中がいる。外資、すなわち・・・Googleしかり、Microsoftしかり。萎縮している人たちをかっさらうのは、すくんでるうさぎを捕まえるように簡単なんだろう。

いや、それも、ご時世柄、そういう空気なんだな(笑)。答えなど、どこにもないことを誰もが言いにくいから、自己啓発、メソドロジーが売れているんだろう。空気は読まなくていいとは言わないが、この「空気」を肺一杯吸って生きてる以上、そこにイノベーションを期待しちゃいけないようだ。

惰性では物事は進まない。既存のどんよりとした空気の中に飛び込んで暗中模索し、何かを取りだそうとするよりも、その空気とやらを横目に、意図的にストーリーを作っていくほうが勝っている。

人の有りようを強く意識する日本人だからこそ、ソーシャルテクノロジで自らの意思を進めるための強力なヒントを見つけられるはずだ。

広告

leave your message

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。