WinXPデスクトップをわずか3分で4倍にする方法

私のVAIO、OSはWindowsXP、1280×800が窮屈に感じてきました。悲しいことに、デュアルディスプレイでゴージャスに画面を拡げられるのも、当然ながらデスクにいるときだけです。この環境に少々不満が出てまいりました。

というのは、ある日、Ubuntu Linuxに3DデスクトップマネージャのBerylを入れながら、「そういえばWindowsにもバーチャルデスクトップってないはずないよなあ?」

なんと探したらあっさり見つかりました。これまで?探さなかったのです。思考停止でしたね。

以下に手順を示しますが、これを入れれば、「これまでの1枚のデスクトップが、4枚に」なります。とってもカンタン。

さて、そのソフトウェアは本家Microsoftのサイトにありました。Powertoysというソフトウェアのひとつ、Virtual Desktop Managerです。
http://www.microsoft.com/windowsxp/downloads/powertoys/xppowertoys.mspx

ただし、PowertoysはMicrosoftが正式にサポートしているものではありませんのでご利用はご自分のリスクで。日本語版さえオフィシャルにはありません。(個人的に作っている人はいますが、このさいスルーします)

ただ、このページを見ると、2007/1にupdateしていると書かれています。実際には、2002年からあるツールのようですが、とりあえず、古過ぎてやばいということはなさそうだと私は思いました。

さて、このページの右側に連なったダウンロード集の下のほうに、こんなのを見つけられますか?

Virtual Desktop Manager
Download Deskman.exe
550 KB 3 min @ 28.8 Kbps

これをダウンロード+インストールするだけです。

インストール完了後、タスクバーで右クリック、メニューの「ツールバー」の中に「Desktop Manager」とあるところを選択。

すると、こんなのが表示されます。(文字表現ですみません)

MSVDM (田) (1)(2)(3)(4)

これらは、4画面分割のプレビューを見せる(田)ボタンと、それぞれの画面へのショートカットです。4分割で表示された状態で、望みの画面をダブルクリックすると切り替え可能です。

■いろいろ使った結果、わたしはこんな設定にしてみました:
・「MSVDM」というテキストは消す(まるっきりいらない)
 (右クリックで出るメニューで「タイトルの表示」の前のチェックを消す)
・「Use Animations」をOFF(表示が遅い)
・「Shared Desktop」もOFF(なんか遅い。分けてもコピペなどデータ連携には問題ない)
・「Show Quick Switch Buttons」もOFF(何番に何を開いてるかなんて覚えてられない)

■ふと気がついたこと:
・なぜかiTunesやSlingboxはどの画面にもついてくる
・VMwareで完全に全画面表示をしていると、別のバーチャルデスクトップも支配される

なにはともあれ、とっても便利ですよ。画面が増えれば仕事の幅も拡がるかもしれません。ブラウザ、ワープロ、マインドマップ、画像処理ソフト、Teraterm+SSH などなど、複数画面あれば、それごとに使い道があるものです。あっという間に4面、キレイに使い切っちゃうものですね。もう戻れません。

# え?バーチャルデスクトップならVista?ほんとマジ勘弁して。
# WindowsはXP限りにしようよ・・・

Anyway, happy working!

広告

leave your message

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。