アーカイブ

月別アーカイブ: 2月 2007

昨日夕刻、親不知を抜きました。しかも左下!私には大問題。抜くのはたった一本の歯ですが、乱立する歯科の中から卓抜した歯科を一件、いかにうまく発見し、最高の施術を受け、術後の腫れもたいしたことないという満足感を得たかというところです。

そこで今回こだわったのは、Wisdom of Crowds[群衆の英知|叡智]。短くまとめるほど難しく聞こえる言葉なのですが、私なりに分解しますと「ばらばらで、十分の数の集団の意見を集約すると、一部の専門家が判断するより正解率の高い、実際の結果を出す力がある。それは「群衆」が一体として「知恵」を持っているように見える」という現象を指す言葉です。これをWoC(ウォック)と省略することにします。

これにより、WoCを集約できる仕組みがあれば、事前に相当正確な予測ができる分野があるはずだとの実験が重ねられてきました。欧米で立ち上がっている「予測市場(Prediction Market)」サイトでは、大統領選挙の得票率、部門別のアカデミー賞受賞者、映画の興行収入、フットボールの優勝チームなどをかなり事前に予測できることが実証されています。

こういう話が大好きだと思われる梅田望夫氏は、自身のblogや、著作「Web進化論」で言及しています。本年のキートピックと思われる言葉だと思います。

※ 詳しくは、「みんなの意見は案外正しい」というひどい邦題をつけられた書籍(原題「Wisdom of Crowd」ジェームズ・スロウィッキー著)をご一読。面白いよ。

さてさて、今回の抜歯の話に戻りましょう。WoCを斜に見てプロセスを楽しんでみました。

私の住まいの周辺は歯科が乱立しています。ここで生まれ育ったわけではないので、馴染みの医者もありません。Yahoo電話帳によると、歯科は東京都に1万件以上、中央区に絞ってもおよそ500件。Googleのランキングが機能する業界だとも思えないし、blogを集約しても結論は出ないでしょう。悩ましい・・・。ネットの力の限界を超えたニーズは、こういうリアルの世界にまだまだありますね。

そんな折、2,3ヶ月前のこと、たまたまとおりすがりの本屋で「患者が決めた!いい病院 関東圏」を見つけました。30万人アンケートをoriconが書籍化したんだそうな。そうか、oriconって昔からWoCビジネスをしてきたんだなあ、などと思いつつ購入。

書籍はコレ
http://www.amazon.co.jp/okdt-22/dp/4871310787/

WEB版 (でも本のほうが見やすい)
http://isha.oricon.co.jp/rank/index.php

この本では、歯科の項目で東京都中央区の歯科はわずか2件。いいね!ぐっと絞れましたよ!127位に見つけた「鈴木歯科クリニック」に決めました。なぜか?127位だなんて、とおっしゃるかもしれないが、この母数から関東圏で127位はすごいでしょう、という理由だけではありません。

二件中一件は聖路加オフィスタワーの一階にある歯科。鈴木歯科より若干上位です。ここはタワーに入居しているオフィス人口からして得票のしやすさはある。いや、腕が悪いというのはないだろうけど、予約が取れないと書いてあることからして、オフィスタワーの立地環境によるロックイン、あるいは「わりと良い」レベルでのネットワーク効果が集中的に起きている可能性があると見ました。

一方、鈴木歯科は確かにオフィス街にあるとはいえ、八丁堀のこの界隈は他に歯科が数件あり、人の往来も多い。人口、競争ともに十分エントロピーが高い環境で堂々ランクインという結果は、オープン性の土俵での実力勝利だと思われる。WoC(Wisdom of Crowds)[群衆の英知]が効いた「それなりのわけ」があると考えられると見ました。

難しく考えすぎ?(w

とりあえず、3週間くらい前に初診。ファーストインプレッションから大変好感触。丁寧で、解説も明快。先生の人柄、歯科衛生士のスタッフも好感が持てる(要するに・・・いや、これくらいにしておこう)。

またぐっとくるところは、この医者、WEBがわかっているね。たとえば、ユーザにとっての利便性というところでは、メールで相談を投げてみるとあっさり返信が帰ってきて、最初の予約までとってもスムース。派手さはないが、基本的なネットのオペレーションがきっちり。わかってる!

鈴木歯科クリニック
http://www.suzudc.com/

さて、やっと左下親不知抜歯の話です。

下の親不知を抜くのは二回目。術後が腫れますよね。抜歯の日程は、インドネシア出張、沖縄合宿と、次の会議ラッシュの間で決めました。ベストな日程のはずだったのだけど、そんなものは、いざ抜歯するとなると関係ないね。「もう痛くないし、逃げちゃおうか」と思ったけど、心の中でじたばたしながら行きましたよ、昨日。先生には、開口一番、「いやはや、本日はぶっちしちゃおうかと思ったんですが来ました」と意味のないボケをかましてみたり。

全体レントゲンは以前採っていたのだが、今回は施術前にピンポイントのレントゲンを再度撮りなおし、準備万端で。スタッフの1時間くらいかけて抜歯完了。

その間のことも書いておこう。

「ダイジョウブデスカー」コールはまるでバリ島のマッサージのお姉さんのような癒し系コール。こちらは口が完全に拘束されているため「ハーイ」って言えないんで手のひらをひらひらさせたりOKを作ったりするんだけど、そのフィードバックを「ダイジョウブデスネー」って復唱してくれるんだよね。

ちくっと痛くなる直前のタイミングで「ゴメンナサイ!」。そうそう、麻酔の注射が入った瞬間、電子音で音楽がなるんだよ。あれはびっくりした。そっちに注意が行っちゃうもの。気持ちよいタオルで目隠しされてたんで正確にはわかんないんだけど、どうもガンタイプになっているようで、麻酔薬を注入している間鳴っているようだ。医者にも患者にも便利なアイデアだね。

「鼻で息をしてくださいねー」など絶妙のタイミングのアドバイス、そして適度な休憩。最後は「抜けましたよー」「抜けました抜けました」って二人して。ええ?「大きな男の子デスヨー」みたいなくらいの感じ?(笑

小一時間ぐりぐりやられながら、うまいなーと思いました。

こういう個別のサービスは全体として満足をもたらすものなので、こんな細かい記述は、クチコミをするにもめんどくさすぎるだろうね。でも、この歯科は現時点で東京都中央区で一番満足をもたらしてくれるはずだ。なぜって?だってサービス分析の専門家のオレが言ってるんだから。

それが信用できないから群衆の英知なんだよね(笑

WoCサイコウ!

広告

Guy Kawasakiの最近のblogで、「これからのネットサービスでこういうのはもうやめてくれトップ14」(超訳)を示した記事に使われていた言葉。(cf. popxpopの記事)

I have 7,703 email addresses in Entourage. I am not going to re-type them into the piece-of-shiitake, done-as-an-afterthought address book that companies build into their products.

shiitake? この使われ方からすれば、どちらかというとネガティブな雰囲気だ。Wikipediaには「比喩」で使われるケースの解説はなかった。Googleで”shiitake”を検索し、お料理レシピ関連を除いてみると、ごく少数だけど、ちらほら見つかった。「これこれこういうのって超ダサい。shiitake.」みたいに、なんとなく今回の使い方と共通項があるようだ。

早速、Guy Kawasakiにメールして意味を尋ねたら、出張中だとかで秘書の方から代理で返信が来て、そのわりには一通りディスカッションを楽しんだ。日本人だから椎茸が「a kind of mashroom」だとかは知ってるよね、なんとか話しているうちにようやくわかってきた。たとえばこういう使い方でいい?

When I enjoy some web-sites, I suddenly face the crash of Windows Internet Explorer. I can say “How sad this shiitake browser is…”, instead of saying loudly “s**t browser bozo-made!!” or like this. Right?

You got it!だそうだ(笑

椎茸をあしざまに言うとはけしからんのだが、要は、a way of swearing without swearingすなわち「ネガティブ」な印象を露骨な表現を回避してやんわり言う、ダジャレスラングなんだね。

人も物もソリューションも新製品もblogも、、、見かけたときは、いかにもジェントルにどうぞ。
Wow, an amount of shiitake.

うへぇ、他人事じゃないや。