SPAMをリモートで消しこむマジックハンド

昨日のこと、Thunderbirdでメールを取得しようとすると、8000件とか表示された。唖然。私の場合、メールを取得中にメーラーが異常終了した とか、VPNあるいはSSLトンネルの通信が不意に途切れたというようなケースで、メーラーとサーバのメールボックスの同期関係が失われちゃう。ああ、 すっかり全部読み込み直しなんだな…。サーバでの保存期間をもっと短くしておけばよかったか…。

いや、問題はメールの保存期間ではない。 そのメールのほとんどがSPAMだもの。8000件中、少なくとも7000件はSPAM。それを再fetchしてごみ掃除をするなんて鬱陶しい・・・。

普段、私 のSPAM対策環境は三段構え。サーバでKaspersky Antispam(95%以上判断)、取得経路にPOPFile(私にとってのSPAMを判断)、最後にメーラーのSPAMフィルタ(前者を信じてゴミ箱 に投げ込む)。

サーバにメールが配送された時点で95%は完了している。ただ、サーバ管理者のポリシーから、それらのメールは削除されず、「これは SPAMですよ」というマーキングがしてあるだけ。だから8000通もサーバに残っているわけで、同様の理由でメール通知関連の機能は一切使っていない。

GMailのSPAMハンドリングは便利だが、私にとってGMailは「別系統」であるところに価値を感じているので、メーラからGMailにアクセスするという使い方はしていない。

で、 本題に戻って、8000通も再取得せずになんとかしたい。事前に消えていればかなり便利じゃない?もちろんtelnetで手動でPOPプロトコルをたたく のは十分可能なんだが、8000通もやるのは現実的ではない。そう、欲しいのは、「マジックハンド」のような、POPのDELEコマンドを器用に使えるツールだ。

フリーのツールを探してみたら、Spam Mail Killerというのが見つかった。

http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/mail/antispam/spamkiller.html

ス パムなどの迷惑メールをPOPサーバーから自動で削除するメールチェッカー。タスクトレイに常駐して一定時間おきにPOPサーバーをチェックし、あらかじ め指定した削除条件にあうメールがPOPサーバーにあればサーバーから自動削除。残りを新着メールとしてサウンドやタスクトレイアイコンの点滅で通知す る。削除条件には送信者、宛先、Return-Pathなどに含まれるメールアドレス、およびメールヘッダーの任意の文字列を複数指定できる。・・・ 複数メールアカウント対応で、削除条件の設定画面では新着メールのヘッダーを参照しながら設定できるようになっている。

おお、ゴージャスな機能がついているね。しかも最近アップデートされたようだ。いわゆるBlacklist方式でSPAM対策することを目的に作りこまれて いるので、このツールだけでSPAM対策は完結しない。私の場合、サーバに配送された時点でほとんどの判断が終わっているので、メールヘッダの記載を指定 するだけでかなり十分に機能する。Spamassassinを仕込んでいる人にも有効だろう。条件に正規表現も書けるところがまたイイ。

超便利だわ、これ。
標準ツールに決定。

広告

leave your message

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。