アーカイブ

月別アーカイブ: 1月 2004

英語で俳句(Haiku)というのは、初耳ではなかったが、あまりゆっくり見たことがなかった。英語でHaikuを書く方法をガイドしているサイトを調べてみると、about.comのHow To Write a Haiku Poemや、PIZZAZ!… HAIKU POEMSなどのページを見つけることができる。それらの説明によると、Haikuは、自然に観察できるなにかの話題について、5、7、5音節の3文構成でなくてはならず、インスピレーションというよりも考え抜くことが必要だという。なんか、本格的だなあ。

後者のサイトにはHaiku contest in Brasilなどのリンクがあったので、どれどれと、検索してみると、ドイツ語やその他の言語でもhaikuコンテストが開催されているようだ。中には5,7,5のリズムに縛られないものもあるが、この短くリズミカルなshort poemに魅力を感じる人々が日本語に限らず、世界に広がっているのが良くわかった。これまで開催されてきたHaikuコンテスト、なかでも技術系の入賞作品の中には、ため息が出そうなほど秀逸なものもあるようなので、ぜひ探してみられると良いだろう。(Google:haiku contest

2004年1月21日発、カナダのActiveState社のアナウンスによると、同社はPerl言語で書かれた「Haiku」のコンテストを開催するという。このPerl Haiku Contestの御題は、「Why I love Perl」となっている。部門は2つあり、ひとつは英語のHaikuなのだが、もうひとつはプログラミング言語Perlのプログラムで書くという部門があるから驚きだ。5,7,5の音節にどうやって当てはめるんだろう?!しかも実行させることができるなんて。

自然言語とプログラミング言語の違いは大きい。自然言語同様、ひとたび努力してプログラミング言語をきっちり習得すると、他の言語を習得するのは意外とたやすいものなのだが、自然言語とプログラミング言語の距離は縮まりにくい。しかし、いろんな意味で、その距離を狭めることを志している人もいる。今回のコンテストに、プログラミング言語が人の意思を書き綴るのにどれほど進歩したのかを垣間見ることができるのでは、と、大変楽しみにしている。

Enter the contest now at: 応募してみますか?

(2/15)入賞結果発表が出ました!:Winner!

広告

先日、ファインディング・ニモを観たというショートダイアリをここに書いたが、おそらくこのページの読者である某嬢のサイトでは、ほとんど似たパターンで、こう書いてあった。

> さて、今日は、ファイディング・ニモを見た。

> 大いに期待を裏切られた。。

それはそれですごく興味深いと思ったので今度またゆっくり話を聞こう! とはいえ、同じパターンだと読者が面白くないだろうと思うので、今回は「どこをどう感じたか」を少々書くとしよう。

昨日、有楽町マリオン9F、ピカデリー1の最終枠で観た。公開前から観たいと目をつけていたので、仕事のきりのいいところで「えいっ」という感じで出かけた。レディスデーだったせいだろう、とんでもない人数の行列だった。その割には難なく座れたのでさして問題なかったが。

予告編を観る段階で思い出されるのが、ピカデリーの木曜ペア割。木曜なら3000円で二人分チケット+各々にポップコーン+ドリンクがコミ。ポップコーンなどはつい買っちゃうから、結局水曜のレディスデーより安くあがる。さらにカップルじゃなくてもいい。そうかといって野郎同士では映画は観ないだろうけど…。

さて、本題の「ラスト侍」については、涙が出ないほど深く感じいった。キャスト、演技共にバランスがとれている。最初、竹やぶからざざーっとやってくるシーンは背筋がぞくっとするほどかっこいい。こういう映像テクは特撮モノに毒された目のリフレッシュになる。

外国のサムライ映画にありがちなクサさがなかったし、さしてしつこくもなかった。存在を不必要に感じさせないサウンドトラックもなかなかのモノだ。映画としては大変よくできたストーリーだった。このストーリー、原作はあるのかな?時代考証的にはおかしな部分があるので、原作はないのかもね。

侍、しぶいぜ。

p.s.

視聴には、全国どこからでもネットで借りられる、DVDレンタル「ぽすれん」が便利。

(add your comments!!)

Okdt BLOG過去記事「箱根駅伝のパワー」 (January 03, 2002 )に書いたとおり、正月恒例、箱根駅伝には注目している。WEBサイトを探した。あれ、Googleでは、第79回、第78回のものが検索結果として表示され、今回、つまり第80回のサイトは出てこない。しばらく気がつかなかったが、表示されたURLの79と書かれているところを80に直すと今年のサイトがでてきた。まだアドレスバーに手を入れなければならないのか。

2004年箱根駅伝第80回オフィシャルサイト
http://www.ntv.co.jp/hakone80/index.html

これで、80ってあるね。2005年はきっとこう。

2005年箱根駅伝第81回オフィシャルサイト
http://www.ntv.co.jp/hakone81/index.html

これで将来はどうなるかわかるね。

でもまてよ、親父ならどうするだろう。Googleなんて知らないよな。

そこで、Yahoo!で検索してみた。お〜。さすがにYahoo!の検索結果ではでかでかと太字で掲載されており、今年のもの、過去のものへときちんと誘導されていた。とぉっても親切。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/hakone_ekiden/
※ 追記(2007/1/3) リンク先を変更しました。

ネットユーザの属性と検索エンジンには相関関係がある。たとえば、Googleを利用する人間はネットでモノの値段を調べるが、結局最初に見たサイトではほとんど買わない、ともいわれる。それで、Yahoo!からは率直かつ明快な回答、answer, solutionに誘導し、Googleからは詳細、difference, detailに誘導するのが効果的だ。

Googleで今年のがちゃんと出ないのにはちょっと首をかしげたが、よく考えてみると、箱根駅伝についてGoogleで調べるユーザ層には箱根駅伝オフィシャルサイトではなく、ファンサイト、出場校サイトなど、言及のあるサイトを示せれば目的は達成されるというわけか。そもそもオフィシャルサイトなんて見ない、ということだろうか(笑 NTVさん、このSEOアプローチ、わざとだったらアリ。わざとでなかったらマヌケ。

明日の昼には大手町に出かけてリアル箱根駅伝を見よう。検索エンジンなんてどうでもいい、フィジカルな世界を楽しまなくっちゃね。ちょっとまてよ、読売新聞社前ゴールってどこだっけ。そっか、オフィシャルサイトみればいいんだ。(‘-‘ )