ネットコストのリストラ。

ネットコストというものは、何重にも支払ってしまっているのは良くわかっていたのだが、MLなどいろいろあると移行が実に面倒で億劫になっていた。しかし、昨年末にInfosphereの個人サービスがOCN化した影響で我が家もOCNになってしまい、昔ほどパフォーマンスも悪くないのでこのさいコスト統合を行なおうと考え始めた。

Niftyさようなら

そういえば、先月Niftyのアカウントを「休止」。さすがF社、解約をしなくてもコスト0にできますよ、いつでも帰ってきてね、なんてプランを持っているところがにくい。実際、このアカウントはNiftyの某フォーラムを見るためだけに残しておいたが、とうとうそこもあまりはやらなくなってしまったのだ。え?どこのフォーラムだって?技術系でもビジネス系でも政治思想系でもないところだよ。フフフ。Linux関連の告知に樋口さんもまめにNiftyに書いていたが、もう誰も見てないと思いますよ。リファラにもほとんどあがってこないしね。さて、Niftyはこれでいいとしよう。

マイライン

マイラインを東京電話をやめて、NTTに。OCNをマイラインセット割にして基本料金をぐっと下げる。

移行キャンペーン

InfosphereからOCNの移行を「先行移行」してさしあげると、なんか一万円送ってきたのでラッキー。でも、この労力に1万円で報いるのは高いよ。3000円くらいでええんちゃうん、と思いながらありがたくいただく。

PHSコスト削減

RIMの会員ページから、先月の使用状況と今月の使用状況を見て、先月は5時間未満、今月にいたっては「0」。わたしも本当にP-in嫌いになっちゃったなあと痛感した。まあ、HOTSPOTも結構でてきているし、PHSは4時間つながればなんとかなるんちゃうん、と、ここはフル従量制ということでいこうと考えた。OCNのPHS関連プランとRIMNETのプランを比較すると、僅差だがOCNのほうが安い。RIMの、7.5時間1800円、15時間2000円というプランは、「あと200円なんだったら2000にしとけば?」という誘いにはなんとも効果的だったのだが、OCNさんは7.5時間ならもっと安いもの。(笑 そこで、wakatono同様RIMサイドを200円プランにスペックダウン。これでメールアドレスはそのままでランニングコストは200円に。

自分のドメインもわんさと持っている状態でメールアドレスキープに200円払うのか?という話だが、wakatonoの言葉を借りれば他にコスト削減できるところがもっとあるだろう、というところもしかり、わたしにとってはこれは「移行期間コスト」という位置づけ。rimのアドレスは徐々に移行してなくしてしまいたい。かといって、OCNのアドレスにするつもりはない。だって「メールアドレス、かわりまーす」ってあんなに気軽に言われたんじゃしゃれにもならない。

IP電話とHOTSPOTは

とりあえず、週明けにでもOCN .PhoneとHOTSPOTを申し込んでおくかな。

(add your comments!!)

広告

leave your message

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。