アーカイブ

月別アーカイブ: 7月 2002

2,3ヶ月前だっただろうか、某うなぎ屋の娘からアーユルベーダ系のサプリメントをもらった。効果のほどもわからないうちになくなっちゃったが。そのきっかけで、インド医学の日本における流行と、うさんくさいネットワークビジネスの滞留を見ることができた。あの手のものはちとお引取り願いたいものだ。

普段通うフィットネスが会社統合されてOasisに変わってしまった。すると、カウンターの近くに置いてあるフィットネスサプリメントのラインナップが変わった(ように見える)。その昔、フィットネスで鍛え始めたころにプロテインを飲んで、あっさり筋肉がどかっとついたので、効果のほどはよく知っている。しかし、今回の注目は「アミノ酸」

アミノ酸は有酸素運動における体内脂肪の燃焼をじゃんじゃん促進してくれるものらしく、長時間の労働、運動の際に摂取すると、ちょうどばてるあたりで体内脂肪を使うのでいわゆるスタミナが「のびる」わけだ。VAAMなどにも大量に含まれているし、アミノなんとかってドリンクも最近でてきているようだ。

さて原理はともかく、種々のアミノ酸サプリメント、マツキヨなどでも売られている。しかし、どうも手を出しにくい。値段がばらついているし、いろんな材料を抱き合わせにしているあたり、あやしいったらありゃしない。しかし、このフィットネスで売っているのは、別の意味であやしい。ボクシングの「共栄ジム」が出しているのだ。で、とりあえず買ってしまった。脂肪燃焼は戦いなのだろう(笑

もうひとつ、この日記でおなじみスッチーのMちゃんから教えてもらった「セラシーン」。体内の脂肪を異常な形でチェインしてしまうセルライトという物質があるのだが、これを減少させることにより、ヘンな脂肪のつき方を防止し、分解していくらしい。もちろん、セルライトが減るだけでは、まっとうな層で脂肪がつくだけなので、運動しなければ意味がないわけなのだがね。非常に高額な部類に入るサプリメントだが、エステなりマッサージなりいくよりはロジカルだ。なので、これはマツキヨで買ってしまった(w

セラシーン+アミノ酸+有酸素運動(水泳ですな、最近は)→ スリムなokdt

になりますかどうか…

(add your comments!!)

隅田川で花火大会、家から100mのところから屋形船が出航するという立地に住んでいながら、今日はわたしは超きまぐれモードに突入してしまった。カシオペアのライブが渋谷公会堂でやっているのでそれに行こうと、17時までは思っていた。しかし、まてよ、ニューアルバムは聞いてないし、しかもいまいち評判悪いし、当日券5,500円はどうも乗らなかった。

そこで、DLPな映画館が有楽町にあるのをいいことに開演時間をたしかめて…そう、日比谷のスカラ座にEPISODE IIを見に行ったのである。月島駅を45分に出ても、00分から始まる上映には間に合うのだ(改めてオドロキ)。花火にいくひとが多いのが幸いし、映画館は余裕でいい席に座れた。

みなさん、これ、見ました?いや、まじでDLPなSTARWARSはすごいっすよ。見に行こうねっていってる友達もいますから、きっとあと2回は見ちゃうね。んで、なにが感動したかって書きたいけどネタバレではアレだしなあ。見た人と感動を分かち合おう!

・コメントつけてくれす>みた人

・コメントみちゃだめだよ>みてない人 or ネタバレいやな人

で、例に漏れず、アミダラ姫に超惚れて帰ってきました。かわいい…おいしそう…(謎 わたしのかわいいアミダラ姫はどこでなにをしておられるのかしら。

はぁ…

p.s.

視聴には、全国どこからでもネットで借りられる、DVDレンタル「ぽすれん」が便利。

(add your comments!!)

ここのところちとサボり気味だったのだが、まとめて書いてみよう。今週入院がせまった例のご夫婦が「つばめグリル」に連れて行ってくださった。ハンバーグたべたーいと言っちゃったからなのだが、この店は某チャンネルで聞くところによると東京の人で知らない人はいないくらいの店なんだそうな(^^;;

つばめ風ハンブルグは、ホイルに包まれている。(風船状にふくらんでいるので)ホイルをナイフとフォークで破ると、やけどしそうに熱い蒸気がぼわっと。中にはぐらぐらと煮え立ったデミグラスのビーフシチューに包まれたハンバーグ、あ、いやハンブルグが登場するのだ。

超絶にうまい。いや、他に表現方法はないのか?>自分(汗

少し焦げたデミグラスの香ばしさ、スモークの香ばしいベーコンが見え隠れ、ビーフシチューの角切り肉も散在。その中でジューシーなハンブルグが肉汁をしっかり抱いているのだ。どっちの料理ショーに登場したら、対戦相手がなんだろうが、そっちを見るべきではない。(まあ、nagaokaさんにはAランチを勧めるがね;-)しかも値ごろ感満点だ。銀座本店に行ったのだが、道理でここは昼間に並んでいるわけだ。今度は昼間のタンシチューに挑戦してみようと思う。でも並ぶのイヤなんで、なんかうまい方法はないかなぁ(ししし (c)makichun風

(add your comments!!)

先週の月曜のこと(ずいぶん日記サボってるなぁ、わたし)、西新宿のOKWebさんを訪問した。(同行者:warugaki)ここの兼元さんはとても気合が入っており、決算が好況で終わったにも関わらず、さらに気合をいれるために5分刈りにしておられた。いつ会っても威勢のいいひとだ。クールな福田副社長とも名コンビだ。

さて、その帰り、ふとJava大王のozakingが以前に言っていた、「N総研の○○さんにうまいカレー屋に連れて行ってもらった!」という言葉を思い出した。即TEL。しばしの業務連絡を行なった後、(ほとんど、「あー、まかせるよ」だったのだが(w)、モーヤンカレーっていうのだそうで、西新宿から中野坂上方向に歩いていくことになった。少し通り過ぎたり、戻ってみたりした末、発見した。「もうやんカレー」。なんだその名前は。ひらがなかよっ!

見ると、結構人が入っており、混んでいる模様。入ると、おもむろに皿を一枚ずつわたされた。どうやら、セルフサービスな模様。どれどれ。まるゆでポテト、サラダもフリーだ。ガーリックバターなどはトッピング料金なのだが、ぐるなびクーポンをiModeでゲットしておけば問題なし。なにより、牛ほほ肉のカレーは健康食品を自称するくらい、すごい量の野菜を刻み込んで溶かしたルーで、超絶にうまかった。東京に来て、一番うまいカレーを食べたのではないかと思うね。(なお、チキンカレーはナイルだと思うけど。)

次に行ったときには、なぜ「もうやん」なのか追求してみるとしよう。

(add your comments!!)

最初に断っておきますが、全くのさらしあげ記事です。(笑

本日午後より大阪入りするので、レンタカーを調達しようと昨晩ネットで調べたら、3日前に予約しろだと。東京なら翌日OKなのに。で、電話して、トヨタレンタリース新大阪 大阪空港店にお願いしてみた。結果、なしのつぶて。「全国からご予約いただいているので、そう無理を言われましても」まあ、そうだろうね。でも、「なんかいい方法はないですかね」と聞くと、「とにかく、弊社ではなんともできないですね。予約していただかないと。そういうニーズには対応できないんですよね。このさい、日本レンタカーさんとか…」

こいつはダメだと思い、今度は梅田界隈のトヨタレンタリース大阪 出入橋店に電話。「困ってるんです」(これは「開けゴマ」とも言う;-)そうすると意外なことがわかった。営業のみしま氏いわく、「あー、大阪空港店はトヨタレンタリース新大阪なんですわ。うちは大阪、なんですわ。大阪空港に送迎してくれる大阪側の店舗ありますから、あたってみましょか。車も余裕あるはずですんで」と。まあ、他にもいろいろリクエストを言ったのだが、とんとん拍子ですわ(早くも関西弁)

さっすが、大阪営業。人の心を気分よくすること一筋のトーク。ひさびさに感心した。3分もたたないうちに、携帯に電話がかかってきた。あれ?普通電話にかけろと言ったのに。と思いきや、電話を切る直前に、「ほな、空港についたら、いま着信している電話番号にかけてくださいねぇ。5分くらいで迎えに行きますから。」あー、やられた。そう、携帯にかけたほうが、手間がないわけなのだ。下手すると登録さえしなくてもいける。完璧にユーザの手間を軽減することに徹底している。

カーナビもつけてもらって、送迎もしてもらえる。当日でも配車できる。これは完璧に、客側が「おおきに」といわざるを得ないだろう。こういうのを差別化というのだね。とても勉強になった。みなさんもトヨタレンタカーを伊丹空港で借りるときは、空港店ではなくトヨタレンタリース石橋店に電話されると良いだろう。なにせ「大阪」なんでね(w 関西風のホスピタリティを感じられるに違いない。わたしはすばらしいソリューションを提供してくれた出入橋店のみしまさんから、機会があれば車を借りようと思った。(ハートンまで無料送迎なのだよ>一部の関係者)

しかし、トヨタレンタリース新大阪、あなたがたのビジネス、微妙におかしいんちゃいます?

(add your comments!!)